経済産業省「国際化促進インターンシップ事業」の受入企業に

img_goal_outline_pc.png

ANEW Holdingsは、経済産業省が実施する2018年度「国際化促進インターンシップ事業」の受け入れ企業に選定され、2018年8月末から10月中旬までインドからの留学生1名の受け入れを行いました。

インターン生はリサーチ作業を含めた資料作成や新規事業の企画・立案、日印国際会議の運営サポートなど多岐にわたる業務に従事。社内外の知見構築に努めました。ANEWが運営協力を務めた日印イベントであるBTTIの開催ともタイミングが重なり、インド出身という利点を生かす業務も多く、お互いの文化や商習慣を共有・理解する実り多いインターンシップとなりました。

本プログラムを通じ、受け入れ企業にとっては海外ビジネスの拡大や新たな事業展開のために必要な知見を構築する機会となること、またインターン生にとっては日本のビジネス習慣に対する理解を深めることでキャリア形成の支援になることを願っています。

IMG_3283.JPG

インターンシップ終了後の成果発表会

【「国際化促進インターンシップ事業」の概要】

「平成30年度 国際化促進インターンシップ事業」では、開発途上国・地域の外国人材を日本企業が約3ヶ月間受入れ、就業体験を実施。インターンシップ終了後には成果発表会を開催し、受入企業とインターンがプレゼンテーションをします。インターンの受入れにより、新たな視点によるイノベーションの創出、異文化コミュニケーション経験による意識改革、社内の体制整備等の機会の創出が期待されます。

https://internshipprogram.jp/