「第4回ベンガルール・東京・テクノロジー・イニシアチブ」を開催 ~「インド・イノベーションミッション」を機に日系企業のイノベーション創出を 技術・投資分野における日印パートナーシップ構築により支援~

panelists.jpg

ANEW Holdings株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤永裕二/伊藤航)は運営協力パートナーとして、独立行政法人日本貿易振興機構(本部:東京都港区、理事長:佐々木伸彦、以下ジェトロ)主催、インドのシンクタンクのカーネギー・インディア(本拠点:インド・ニューデリー、ダイレクター:ルドラ・チャウドゥリ)が共催する「第4回ベンガルール・東京・テクノロジー・イニシアチブ」(以下、BTTI)を2019年3月8日にベンガルールで開催いたしました。

BTTIは、インドと日本両国の産官学のメンバーが集い、ベンガルールと東京を両国のハブとしてつなぐことで、双方における技術移転・流入を促進していくことを目的として2017年12月にベンガルールで第1回が開催されました。第2回及び第3回は東京で開催し、第4回となる本開催はジェトロが主催する日印ビジネスセミナー「Japan-India Innovation Dialogue」の一環としてベンガルールにて開催いたしました。本事業を通じ両国の経済・技術の発展に寄与するため、産官学の技術・投資分野の交流によるイノベーション創出を主体としつつ、ビジネス連携に係る環境整備等の政策提言も合わせて行っていました。

第4回においては、ジェトロによる「インド・イノベーションミッション」によりベンガルールを訪れた日系企業27社37名が出席し、インド現地のスタートアップ企業や起業家、経済界、政府関係者等、総勢207名が参加しました。主催者、パートナー及び日印の政府関係者によるオープニングセッションの後、R.K.ミスラ氏(カーネギー・インディア、ノンレジデントスカラー)をコーディネーターとして、現地ベンチャーキャピタルのパネリストによるパネルディスカッションが行われ、また、インドのスタートアップ企業8社によるピッチセッションも開催されました。終了後、出席した日系企業9社とインドのスタートアップ企業21社が個別に面談するビジネスマッチングの場で相互のビジネス交流が熱心に行われました。

panel.JPG

(パネルディスカッションの様子)

【開催概要】
 第4回ベンガルール・東京・テクノロジー・イニシアチブ
 Bengaluru Tokyo Technology Initiative 4th Summit
 日時
:2019年3月8日(金)10時~13時30分
 場所:Shangri-La Hotel, Bengaluru
 参加者総数:207名
 主催:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
 共催:全国ソフトウェア・サービス企業協会(NASSCOM)
 パートナー:ベンガルール商工会議所(BCIC)
 後援:カルナータカ州政府、日本国ベンガルール総領事館、インド日本商工会議所(IJCCI)、Carnegie India
 運営協力:ANEW Holdings株式会社

オープニングセッション(主催者・来賓挨拶)

  • 日本貿易振興機構(ジェトロ)サービス産業部長 藤井真也

  • Kishore Alva, President, Bangalore Chamber of Industry and Commerce (BCIC)

  • 経済産業省 商務情報政策局審議官(IT戦略担当)吉田 博史

  • 在ベンガルール日本国総領事館 総領事 北川 隆行

  • Gaurav Gupta, IAS, Principal Secretary, Government of Karnataka

パネル・ディスカッション『日本とインドの投資家から見たベンガルール・スタートアップエコシステムの魅力』

  • R.K. Misra, Nonresident Scholar, Carnegie India

  • Sanjay Nath, Managing Partner, Blume Ventures

  • Pranav Pai, Founding Partner, 3One4 Capital

  • Incubate Fund India, Founder & General Partner 村上 矢

  • ANEW Holdings株式会社, Research and Business Development, India 阪口 史保

インド・スタートアップ企業によるピッチセッション(8社)

  1. OECO Water: Vikram Gulecha

  2. Locus: Sudharsan Narayanan

  3. Intellicar: Karan Makhija

  4. Option3: Payeli Ghosh

  5. Entropik: Ranjan Kumar

  6. Vyuti: Nikhil Ramaswamy

  7. Tookitaki: Anirban Sarkar

  8. Ezedox: Veerendra Mishra

 

【ご参考:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)主催「インド・イノベーションミッション」の概要
日系企業とインド企業とのイノベーション促進を目的として、イノベーション分野で世界から注目を集めるインドの2都市(ハイデラバードとベンガルール)において、ピッチイベント、現地企業や関連施設の視察、ネットワーキングの構築等を実施する視察ツアー。第1回目となる今回は2019年3月4日から8日の日程でハイデラバードとベンガルールにて実施し、日系企業30社、総勢40名が参加しました。

PDF

【本件に関するお問い合わせ】
ANEW Holdings株式会社 広報:info@anewhd.com